Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月6日(金)-mixi

今週のBS世界のドキュメンタリー・再放送。
「核兵器開発」に関するドキュメントドラマと公開された元極秘資料・写真というものでした。BBC制作。

朝10時から、ということで、ついつい見入ってしまいました。
思わず「水爆って?!」とか「トリチウム??」とかwikiで調べてしまったりして。

久しぶりに冷戦時代を思い出して、今の金融危機の状態とどっちが平和なんだろう?と考えてしまいました。

少なくとも、冷戦時代のような無駄なエネルギーは使ってない気がする。今は、そんなエネルギーももう涸れてしまったような感じですな。冷戦って、本当に壮大なだましあい?だったのね。多数の犠牲を伴って。個人的にはマルクス・エンゲルスの唱えた共産主義自体悪いものではないと思うんだけれども、やりかたがまずかったんだよな。あの時代があったから、アメリカの資本主義が独走して、ふと気づいたら行き過ぎていたというのもある気がする。

実際キューバの共産主義は資源がないから成功しているとはいえないけど、事実国民が飢えたり抑圧されたりはしていない。フィデルは独裁だけれども、ゲバラを英雄視し、富裕層や特権階級を生まなかったことでバランスが保てていた、といっていいのだろうか。それとも社会保障と食べ物を保障したことがよかったのか。とりあえず人口増加率が先進国並みに低いのは事実。

それを思うと、中南米の共産化を恐れていたアメリカというのはなんだったんだろう、と思う。「ボウリング・フォー・コロンバイン」にでてくるように表現すると、「外敵に対して恐れを抱くアメリカ」ということには変わりないということか。

自由の国アメリカが、ピノチェトの独裁政権による人権侵害を擁護したというのか。

今となってはどうでもいいことなのかもしれないけどね。

***

さっきまで、あることの締め切りがあり、英語と格闘してました。
使ってないと腐るね。もう、悲しくなった。仕方ないけど。
めちゃくちゃでも通じればいいのだ。
でも疲れた~。。。

***

なんか最近活動はしてるんだけど、日記を書こうというエネルギーが足りないなぁ。なんでだろう。

エネルギーを行動にまわしているからだね。

はは。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。