Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

過去を振り返ってみる(4/12)

2年前にも2ヶ月休んだ後に、異動して復職していました。
異動したとはいえ、前にいた部署なので、「帰ってきた」という感じ。
その時はひどい肩こりと頭痛などに悩んでいたという記憶はあるんだけど、どんな風に感じていたか、ちょっと過去の日記を読んでみました。

こういうところ、長くネットに日記を残していると便利だね。
最初は自分の気持ちを吐き出す?場所として書き始めた日記だけど、以前忙しかったり、追い詰められていた自分(主につらい時期)が何を考えていたか、つらい記憶なのですぐ忘れてしまうので、今のような「再起の時」「過去から学ぶ必要がある時」は、本当に大事な資料になっています。

気がついたら私の日記を定期的に読んでくれている人が結構な人数になっていて、コメントを適宜つけてもらえているのも、大きな励ましになっています。mixiのいいところだね。コメントをくれる人は、経験者が多いのも、ありがたいことのひとつです。

***

で。去年どうだったかというと、
・いきなりフルタイム出勤だった
・4月1日が月曜日だった
という厳しい条件があったのは確かなんだけれども、そんな状況の中でも私は、「定時にぴしっと帰れない」と書いてあるんだな。

正直驚いた。肩こりと頭痛がひどくて、定時がくるのをひたすら待っていた記憶しか残ってないのに、何やってるんだ・・・と思った。
その心境というか、気持ちとして、こんな風に書いてあった。

「簡単な雑用だけしていると、寂しく感じる。私はこの部で必要とされているのだろうか?と考えてしまう。」
・・・なるほど。
確かに、今の部の仕事で一番華やかなのは、プロジェクトに入って専門分野の中で現地の役人と一緒に仕事をすること。私としてもそういう仕事をしたくてうちの会社に入ったので。

国内の部にいた時は、自分が担当案件を持たないことはまずない。どんな若手でも、何かと担当させられて、予算管理とか、下請け会社との契約交渉とか、結構重い仕事をさせられる。その分責任を強く感じるし、やりがいも感じる。

そこから異動してきて、いきなり部所有備品の整理とか、リストの作り直しだとか(海外出張でいない期間が長いこともあって、そういう仕事はなおざりにされていて、かなり管理状態はひどいことが多い)に精を出していたら、ふっとさみしくなってしまったみたいで。

でもそれは今思えば、カルチャーショックの一種だったみたい。
それまであまりに忙しかったから、いろんなことに気を配ってナンボ、という仕事をしていたから、そうしてないと不安を感じていたんだと思う。

もうひとつ。2年前は飲み会があったり、週末に出かけていたりした。
これは昔からなんだけれども、週末くらい好きなことをしたい、という気持ちが強いのがあって、そういうことにはあまり疲れを感じなかったんだな。週末何もしないのはもったいない、みたいな感覚もあって(それは相方の方が強いんだけど)。その感覚がまだ相当残ってて、何も考えずに出かけて、疲れをためていたみたい。
↑今考えると、信じられない。

今でも確かに、忙しい人を目の前にして自分が助けられないと申し訳なく思うけど、でも今の私には難しい仕事はできないことがわかるし、3つ同時進行とかしたら、絶対手落ちが出るのがわかってるから、断れるようになった。

カウンセラーにも、「仕事をセーブして、絶対に定時に帰れる?それができないと、復職許可できないわよ?!」と言われていました。
2年前はそう言ってくれる人もいなかったので、随分な進歩(会社の)だと思った。おかげで、注意すべき点、自分ができるのはどこまでなのか、何を不安に思っているのか、しっかり考えること、話し合うことができたのも大きいのかな。

それと、1年半という長い時間、会社からも社会からも離れていたので、自分自身が街に出るだけで疲れる、という状態になっていた自覚があった、というのもある。そんな私が、会社での生活に慣れるには、相当の時間がかかる覚悟ができていた。

***

おかげさまで、3時までという時短勤務と、周囲の理解、私自身の自己理解があって、疲れをためずに週末まで過ごし、週末は週末で家の中でぼんやりと休養できるようになったと思う。家の中での楽しみ(DSとか、編み物とか)を、休職中に開拓したのもある。

自分の価値観も、環境に対する適応力も、全て考え直すには、1年半という時間はそれなりに必要だった時間だったと思う。この1年半、私の中では半分凍ったような時間だけれども、これからの人生には必要な時間だったとしみじみ感じている。

***

ただ、自分が自分の思い通りにならないということがいくつかあって、それでいらいらすることが増えたように思う。結構つらいけど、どうにもならないものは仕方ない。

今週も、1日1日を適当にやり過ごしていこう。
今月は、特に仕事もしなくてよいということになっているし。
少し手伝えれば十分☆


すごい進歩に感じる今日この頃。
スポンサーサイト

*Comment

激動の4月上旬でしたね 

これからも、マイペース守ってね~。
家の中で楽しみがあるって素敵だと思いますよ。
私は少し前まで、ビジネスマンたるもの休日も無駄にしてはいけない的なプレッシャーがあって、がんばって出かけたりして疲れ果ててました。
だから、ゆっこさんみたいに編み物とかちょっとクリエイティブな楽しみがあるのはとってもいいなぁ~と思います♪
  • posted by ayako 
  • URL 
  • 2009.04/12 23:15 
  • [Edit]

激動はまだ続く~ 

> これからも、マイペース守ってね~。

私のマイペースは、もともと他人からはおかしいと言われるペースだったので、それを変えるのはなかなか大変です。私も、南米とかいたせいで、「今を楽しく生きることが最優先事項」とか、「一期一会」とか、そういう価値観が強くて、それで苦戦してます。それ自体は悪くないんだけど、今の自分の体調を考えるとどのくらい動けるかを相当割り引いて考えてちょうどいいというか、その辺がうまくできないのね。「満足感があればそれでいいじゃん」というか。

> 家の中で楽しみがあるって素敵だと思いますよ。

そうなのよ。
そこのところ大事だと思ったのです。

> 私は少し前まで、ビジネスマンたるもの

その表現にウケてしまった(失礼)。さすが元丸の内OL!

> だから、ゆっこさんみたいに編み物とかちょっとクリエイティブな楽しみがあるのはとってもいいなぁ~と思います♪

クリエイティブ。考えたこともなかったその形容詞。
編み物は、1次元(ひも)から3次元のものができるし、実用品を作れるのが魅力です。いろ~んな柄もできるしね。すごく楽しいよー。
  • posted by ゆこゆこ 
  • URL 
  • 2009.04/15 08:59 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索