Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

那覇出張のおまけ(後編)(9/22)

土曜日に誰が会社から電話してくるのかと思ったら、部長でした(休日出勤してそうなキャラ)。
「○○(国内環境部部長、同じシンポジウムに参加)が連絡くれって。携帯番号は・・・」

・・・会社から電話かかってくるとしたらこれしかないと思ってたけど、一体何事?!私一体何やらかした??とドキドキしながら○○さんの携帯へ電話。

「あ、ゆっこ?(※)今どこ?・・昼飯か。展示パネルが賞もらったから、授賞式でてね。帰るなよ!」

・・・びっくり。
賞ですと???
そんなの何年ぶり?っていうか、記憶にある限り、授賞式があるような賞なんてもらったことがない。

最後のセッション(サンゴ礁保全)を聞いてから帰ろうと思っていたけど、結局沖縄大学まで来てくれていた友人に授賞式つきあってもらい、それから一緒に帰って買い物に行きました。

今回の地球環境シンポジウムの参加者は約250人だそうで、会場がどよめいていたので、今年は盛況だったようです。
確かに、○○さんも、「今年はたくさん人がいて、色々見てもらえてよかったんじゃないのか?」と言っていたので、そういうことなのでしょう。確かに、適度な人口密度で、よかったです。

賞は、10個あったパネル展示のうち、3つが「地球環境技術賞」、2つが「地球環境貢献賞」でした。受賞確率50%(笑)。でも、ちゃんとした土木学会のシンポジウムの賞なので、沖縄まで出張してきた甲斐がありました。小さくても、割合高くても、賞は賞ですから。

○○さん:「ちゃんと事業部に報告しとけよ~。数少なかったとは言え、ちゃんと賞もらったんだから。」
(海外事業本部(私のいる、援助やってる部)は、学会発表とかあまり熱心でないので、そういう活動をちゃんとやれ、という空気込み)

いろいろと、今後の自分のスタンスというか、そういうのも含んで、いろいろ考えました。「学会発表をする」ということ、どのような学会があるのか、一般的に地球環境のことを考えている技術者が何に興味を持っているか等、いい勉強になったと思います。

※:国内には渡辺が5人いたため、全員ファーストネームで呼ばれてたのです。会社だとだいぶ変な感じですが。

***

その後。友達の案内で買い物に行きました。
友達歩くの速くて、結構必死についていきました。
国際通りでブルーシールのアイスを食べ、ジャスコでゴーヤーチャンプルーの素を買ったりして、あっという間にフライトの時間。

友達にはいつも妙な場所(福井とか)で会うので、今度いつ会えるかな~、とちょっと寂しくなりましたが、また折々に会いましょうということでお別れ。

(手荷物検査でちょっとモメ、結局搭乗口まで走った・・・)

羽田まで相方に迎えに来てもらい、それから夕食(到着が23時だったんだけど)を食べに、自宅近くのデニーズへ。
うちについたら24時過ぎてました。ぐったり。

***

那覇は暑かった。
でも空がきれいだった。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索