Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

代休取得中、幸せについて考える(10/7)

今日休んで、明日出社しようと思ってますが、明日は台風直撃みたいですね。
うちの前にある歩行者専用の橋は、海に面した吹きさらしなので、台風となったらどれだけ大変か、想像もつきません。

早いところ上陸して弱まってくれることを祈るのみです。
ちなみに、今日の代休はとりあえず沖縄行った時の代休です。
海外代休は、取りにくいけど今度取るか・・・。

***

今日は、やらなきゃいけないことも多いですが、やりたいことも結構あります。

<やらないといけないこと>
・台所の洗い物
・洗濯
・風呂に入る
・荷物の片付け
・衣替え
<やりたいこと>
・雑誌を読む
・ドラクエをする
・寝る

全部は無理だなぁ、さすがに。
たくさん寝るつもりだったのに、9時に目が覚めちゃった。
雑誌でも読みます。

***

本当に、東京にいるとどうしてこんなにいろんな仕事が・・・と思うくらい、いろんな仕事が降りかかってきます。若手が少ないから仕方ないんですけど、もう少しなんとかならないものかと思います。

いろいろ考えても、海外(事業部)の場合は、出張中に自己完結する必要があるので、何かと外注もしにくいんですよね。会社として内製化しろっていう声もあるし。。。意味がわかりません。

そうそう、残業禁止令がでました。10月からなのですが、夜22時にうるさい放送が入り、23時には強制的に30分間消灯だそうです。
30分消灯というのは、なかなか長めですが、デスクライトがあればまあ仕事はできるのかな・・・。
この措置について、一部からはかなり非難の声が。「仕事するなと言うのか?」というものでしたが。

私としては、短時間でいい成果は出せないものですかね?
私は、早く帰って家族とご飯を食べて、家で仕事をしたい派なので、そういう動きは賛成です。もちろん、家で仕事はしたくない、という人も多いので、各論ありますが。

コンサルのジレンマです。

***

昨日本屋を覗いたら、「ふつうの幸せを手に入れる~」という本が2冊ありました。1つは以前に私も読んだ、香山リカの本。もう1冊は、坂東眞理子(「女性の品格」著者)さんでした。

ちらっとしか読まなかったけど、「幸運と幸福をはきちがえている人がいる」とか、「幸せというのは、客観的なものではなく、主観的なものである」とか。

幸せっていうのは、定義づけすること自体ナンセンスで、自分の価値観の中で定義するものだとは思うんですよね。
極論では、今自分が幸せだと思っていれば、貧乏であれ、病気であれ、幸せだということです。

今確かに、何かと不安が多く、不安定な世の中なので、ひとつひとつ不安要素を嘆いていたら、疲れちゃうような気がするんですよね。
不安だけど、いろんな人の考え方を知って、自分なりのやりかたを見出したい。そう思って本を買いました。

不安は多いけど、病気もしたけど、お金もあまりないけど、まあ今のところはなんとか仕事も行けているし、自分に関してはまあいいか、という感じです。もっと健康になって、かつ仕事はほどほどにするのが目標。それならきっと幸せを感じるチャンスが増える気がする。

そうそう、幸せは種は蒔いておかないと感じることも難しいと思うんですよね。何もしなかったら、何も起こらないので。少しでも余裕のあるときに種を蒔いて、時々水をやって、あとは時を待つ。

私は、そういう風に考えているみたいです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索