Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

ひ~(まだ終わってない、仕事の話)(12/19)

やっと土曜日。。。
会社に行かないですむから、タイの仕事ができる・・・

火曜に帰国して1日休んで、水曜に出社してみたら、次々と襲いかかる仕事の数々・・・。外出あり、打合せあり、ISO対応あり、ずっと何かをしていて、自分の席につけずに時間がたっていく・・・

昨日はしばらく前からあった忘年会企画、海外と国内の環境部隊の交流会がありました。私としては思いいれもあり、初回の打合せから色々と意見をぶちまけていたんですが、直前準備の間はタイ出張していたこともあり、10月に来たかわいい後輩くんに全てお任せしていました。

当日は、多くの国内の人々と、その5分の1くらいの海外の人々が集まって、いろいろディスカッションとかやったのですが、私が初回打合せでやりたいと言っていたことが、いろいろな人の口から聞こえてきたことに、大感激しました。

結局みんな同じようなことを考えていてくれていたのだな、と。
終わった後に、いろいろな人から、「よかった、これが本当にはじめの一歩だね」という意見を聞きました。その意見が、一部ではなく、ほぼ全員で共有できたことが、驚きでもあり、成果でもあった。

環境という仕事は、一応民間企業でやるということ、政権交代や政治情勢の変化、法律の制定など、外部環境でつねに左右されているので、常に柔軟性が求められているので、、、と言うことはいつでもできるけど、環境屋は基本的にはいつでも相手と状況(環境そのものだなぁ)に合わせて動くので、そう強く意識しなくても、仕事に反映して行っているとは思っています。

ただ、人材交流と育成は、意識しないとできない。
今まで、他の部よりも交流があったとと思っていたけど、なんだかんだと理由をつけて、微妙な壁が存在していたんだけれども、やっぱりそんなのばかばかしいよね、うちらはもっと柔軟に行こう、という結論にたどりつけたのは、本当にすごい動きだと思いました。

国内60名、海外37名という大所帯になった今も、同じ部で10数名でやっていたのと同じ気持ちで仕事をすることはできるんじゃないかな、と上の方(元々同じ部に所属していた、現部長さんたち)はずっと思っていたようだけれども、若手を含めて、そういう気持ちを共有できたことについては、新鮮な驚きを持っていたようでした。

最後に、うちの部長が、うちの会社に入ってから何を考え、どういう環境でどのように働いてきたかという話を長々としてくれたのは、そういう気持ちの表れだったと思いました。
(私はそれにも感動した)

***

私自身は、昨日そんなことがあったのもあり、まだまだタイの仕事に手をつけられずにいたのですが、今日・明日でどうにかしないといけないので、どうにかします。はい。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索