Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャカルタに戻って、部屋が少し移動(4/7)

18時半には空港に着いていたんだけど、荷物が出てくるのにも、空港の駐車場から出るのにも時間がかかり、ホテルに着いたら20時半。

2泊とはいえもったいないので、今回はチェックアウトしました。スーツケースは預かっていてもらったけど、じゅうたんでスーツケースを動かすのは大変。。。ベルボーイが出払っていたので、面倒だし自分で部屋に運んだけど。

***

今日はジョグジャカルタで、林業省の林木育種センターを見学。講義室にコの字型ミーティングの準備がされていて、ちゃんとお菓子もついている(こっちの会議はかならずおやつ付)。

一通り説明を受けたあと、メンバー紹介。
センターの研究者は、JICAの技術協力が入っている間のカウンターパートで、日本留学経験者が3人。全員日本でドクター取ってきたらしい。九大と東大。全員日本語をよく覚えていて、話せる。東大に行っていた人は、演習林の所属で、私の指導教官のことも覚えていました。

彼らが、非常に熱心で、しっかり資金も取ってきて、高度な遺伝子研究もやっていました。JICAで高額の機材を購入して、メインテナンスコストをちゃんと政府から出してもらって、しっかり大事に使っていました。

感動。

大学を見に行った時もいろいろ効果があったと感じたけども、今日はもっと大きなものを感じました。日本に留学していた人たちは本当に目を輝かせて、決して給料の高くない林業省の研究所に戻ってきたのです。

想像以上の状態でした。

その上、お昼ご飯(ランチボックスだけど)もごちそうになり。
こういう人たちもいるんだな(がめつい人たちもいる)、と再び感動。

またJICAのプロジェクトをやって欲しい・・・と言われたけど、彼らは十分自立可能なので、いろいろな共同研究の資金を取ってくればいいはずです。かのうならば、日本との共同研究がもちろんいいので、その辺の情報があったら提供します、という話をしていきました。

できる人(組織)はできるんだよ。
インドネシアには、できる人もいるんだよ。
援助慣れで悪い方向に行っている人・組織も確かにあるけど、健全でまっすぐな人もまだまだいることがわかりました。

ローカルコンのLiliちゃんも然り、インドネシア人のイメージは今回だいぶ良くなりました。

今回のインドネシア滞在も、あと6日です。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。