Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の音楽

GWもあと2日・・・。

今日は、日曜の朝に稲城まで取りに行ったラ・フォル・ジュルネの演奏会♪

今日行ったのは、小曽根真のショパン・即興アレンジ演奏会。
ラ・フォル・ジュルネの今年のテーマは「ショパンの宇宙」。この数日間ずっとショパンばっかり演奏しているわけですが、演奏者が小曽根真ですから、もちろんジャズ・タンゴ・諸々調のショパン。

前半はひとりで、後半はポーランド人歌手と一緒に、ショパンベースの小曽根真の世界を展開してくれました。1500人入る東京国際フォーラムのホールが、ライブハウスのようなひとつの雰囲気になっていました。

ピアノが圧倒的で、どこへ行くかわからなくて、かっこよかった。
ピアノってすごい楽器だわ~。
オケの代わりも、歌の代わりもできるし、一人で両方もできる。

のだめの24巻を読みながら、ピアノが弾けたら楽しそうだなぁ・・・と思いました。前々から、またいつか、ピアノを習ってみたいとは思うけど、しばらく先になりそう。

***

今BShiでゴッホについてやってるんだけど、「狂気」という言葉が出てきて、不思議な気分になってます。芸術とその表現について考えると、狂気というのは必ず対峙するものなんだなぁ、と。

今、どうしても今の自分が、どこへ行けばいいのかわからなくなって、「狂気」に取り付かれたくなるんだよね。
ただ、会社に行きたくないだけなのかもしれないけど。

今日の演奏会に行くということは、小曽根真を聞きに行きたいという気持ちと、チケットを取る努力と、音楽を聴く集中力が必要なんだけど、それだけの余裕があったということなんだけれども、

休み中で元気があるからできることなのか、仕事に戻ったらまたしばらくこういうことはできなくなるのか。

仕事のストレスがひどくて逃げたいのか。
そんなに今の仕事のストレスが重いのか。
少し何とかしたほうがいいのか。

今更農家にも芸術家にもなれないので、私は唯一の特技である頭を使ってお金を稼いで生きていくことしかできないので、それはわかっているんだけど。

でも、ふと信仰に身をささげたくもなる。それで気が楽になりそうで。食べることだけ保障してもらえたら、誰かのために、祈ったり何かを作ったりすることは苦にならないような気がする。

会社という組織で働くのは大変なことなんだよなあ。

***

GWは楽しく過ごしているんだけど、どんどん追い詰められてます。(締め切り近いので、精神的に・・・。)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。