Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦になる上で意外と重要なこと

この前、読売新聞のサイトにある「発言小町」にあった、あるスレを読みふけってしまった。
テーマは、
「結納後に相手(彼女)の偏食が発覚。婚約破棄すべきか」

このスレ主さんの状況は色々あるんだけれども、主なる論点は、

・結納の席の料理(和食)をほとんど残して下げさせた
・それについて相手の両親は何も言わなかった
・その後の記念日ディナー(フレンチ)も、「食べられる物がない」とほとんど残した
・結納後に、「偏食だと分かると嫌われそうだから、隠していた」と言われた

という感じ。

スレ主さんは、なかなか良い家庭に育ち、好き嫌いはないとのこと。

***

この話を読んで、私が思ったことは、

・彼女は好き嫌いが多いことについて、恥ずかしいとは全く思ってない。。。なんだそりゃ。。。
・親戚が集まる席で、食事を残すとは何事?!
・記念日のフレンチディナーも残すなんて、もったいなすぎる!記念日なのに、相手に失礼だとは思わないのかしら??

という感じ。

私も子供のころから野菜が苦手で、他にも食べられないものがたくさんあったけども、高2で留学した時に、おいしくご飯を食べないと失礼だと思ったのがきっかけでほとんど克服しました。それからもう一度食べず嫌いを改めようとして、嫌いなものはかなり解消。さらに、大学卒業後、北大で育ちのいい同級生に囲まれ、もう一度食べ物に対峙しました。周囲にいる30人とかが、全員好き嫌いがほとんどなく、魚をきれいに食べ、残すなんてもったいないことはありえない、という状態だったので、自分が「嫌い」なんてとても言えない状況。それまで魚を食べるのは苦手だったんだけれども、2年間食べているうちにすっかり上手になりました。

北海道で納豆にチャレンジしたけど、どうしてもダメだったので、それはあきらめました。

そうやって、克服してきた経験があるからこそ、好き嫌いはどうにかなるし、食べられなかったものの中においしいものがたくさんある、ってことを知って、もったいないと思う。

北海道から東京に帰ってきた後にあった人で、偏食な人に会ったのですが、多分私が知っている中で、このスレの彼女に一番似ていると思いました。
地方の民宿で、「なんで味噌汁にわかめが入ってるんだよ。俺、ご飯しか食べられねー。」
えええええええ。
学部から東大で、すごく頭のいい人だったので、「人間、やっぱり頭の良さと学歴だけじゃ計れない」と思いました。

***

私が以前に結婚相手に求めるものとして、

・おいしそうにご飯を食べる人
・お箸をちゃんと持てる人

というのを上げていました。

一緒に生活をする上で、些細だけど重要なこと。それが一番大事だと、改めて思いました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。