Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

目の前に困っている人がいて、助けるかどうか

NHKの3.11関連番組での、石原慎太郎の発言。

JR東日本の駅が閉鎖した件で怒鳴り込んだとか、被災地の瓦礫受け入れを早い段階で表明したりしていますが、どうもタイトルのような価値観が根底にあったらしい。

石原慎太郎は差別的発言など、物言いに対する報道でよく騒がれますが、私は彼の言う言葉の中に、時々、とても本質をつく、最近では人々が考えもしない大切なことがあるのです。今日の一言もそれです。

***

3.11がらみで最も目立ったのは、やはり瓦礫受け入れ問題でしょうか。
東京都が受け入れ表明した後、次に自治体が受け入れ表明をしたのは、震災後1年近くなってから。処理場住民と慎重に協議を続けた後に受け入れ表明した静岡の自治体でも、反対の意見が1万件以上来ていると聞きました。

放射能汚染の風評被害(特に食べ物)、と言われますが、最も恐ろしいのは非科学的なデマですよね。福島原発事故以来、TwitterやSNSの影響もあって、情報が拡散するスピードが速く、東京大震災のデマ以上のスピードでデマが拡散されました。振り回された人も多いと思います。

その後の政府や自治体の動きが鈍かったために、公の発信した情報への不信感があり、御用学者のおかげでアカデミックに属する人(学者・教育者)への不信感が起こり、「独立系」と呼ばれる人たちが現れ・・・

私が感じる限り、アカデミズムも、市民運動家も、安全な放射線量の線引きがいかに難しいかということを、今ではうまく説明できるようになってきているように思います。「何も信じられない」ということはなくなってきたと思います。
生協なども、野菜などの放射線量測定を始めて、データを公開するようになって、ずいぶん安心できるようになりました。

***

被災地瓦礫問題も食品と同じように、情報の透明性によって前進すると思っていました。それが、未だに、「怖い」というクレームが大量に寄せられるとは・・・。
石原慎太郎がタイトルと同じ番組で言っていた、「今の日本人は我欲が強い。昔はこんなんじゃなかった」というセリフにも、納得してしまいます。

日本は狭い国土なので、廃棄物問題は常に大きな問題です。誰だって、自分の家の近くにごみ捨て場があるのは嫌ですから。だからこそ、家庭から出るごみ(一般廃棄物、略して一廃)は重油など化石燃料を使って燃やし、容積を小さくしてから最終処分場に捨てています。そんな国は、世界でも日本くらいなんですよ。(あとは一部のリゾート島国)

経済成長と共にごみが増え、人口が増え、住宅地が増え、処分場は一杯になるものの次の用地が確保できない。それが今の日本の現状です。

震災後の津波、あの破壊力によって、ありとあらゆる瓦礫が発生しました。被災地では、仮置き場として保管しているものの、あくまで仮置き場。瓦礫を片付かないとできない次のステップがあることなど、被災地の問題はテレビで繰り返し流されています。それでも、「自分の街では嫌」ととうしょやメールなどを軽い気持ちで出して、結果的にかなり多くの反対意見が表面化してしまい、自治体も戸惑ってしまう。

確かに、ここ20年くらいで、公務員は良く言えば住民の声を丁寧に聞くようになりましたが、悪く言うと住民のネガティブな声に対して、大小関わらずビクビクするようになったと感じます。この風潮と石原慎太郎の発言にギャップがあるんですね。

石原慎太郎は、瓦礫受け入れを早期に発表したわけですが、別に福島の瓦礫まで受け入れるなんて言ってない。当然、放射線量の計測はするだろうし、自治体の首長として、都民を守るのは当然だ、と石原慎太郎は言うんじゃないでしょうか。

***

最近芥川賞を取った作家さんで、東京都知事に意見した人がいましたね。
久しぶりに、骨のある人が出てきたな、って思いました。彼の言うこと、授賞式の行動、しっかりとした一貫性があって、さすが!と思いました。
文学というのは、社会性が必ず必要だと思います。数日前に亡くなった吉本隆明さんは「思想家、評論家」と紹介されていましたが、最近そのような職業はなくなってしまったように思います。その代わり?、社会派の小説で思想が反映されることが多いのかな(村上龍とか)、と思うので、小説家と思想家の境目は曖昧になっている気がします。

石原慎太郎が元小説家なのに、どうしてこれだけ長く政治家を務められるのか、知事としてリーダーを務められるのか不思議だったんですが、彼の中にある一貫性がしっかりあるんだな、と思いました。他の政治家(特に民主党・・・)は、細かいイジメレベルの話で右往左往して対応に追われてしまうのに。。。
知事の任期が長いせいかもしれませんが、国会議員にも、落ち着いて国政に集中する時間を作るべきかなぁ、と思いました。いつも選挙や支持率のことばかり考えていたら、本来業務がおろそかになる!

***

一応、私は石原慎太郎支持者ではないです。
彼は酷いことをあまりにたくさん言うので、とても不快に思っているんですが、時々ハッとすることを言うし、実行するんですよね。悔しいけど、他の政治家で実行できる人がどれだけいるだろう?

例えば、都バスのラッピング広告、東京マラソンは大変な経済効果を産んだと思います。

私も、目の前に困った人がいたら、まず助けようと手を差し伸べて、その後の問題について解決する努力と交渉ができるような人になりたいと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索