Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の農業まんが。

まんが大好きなうちの母と話して、読み始めました。

銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
(2012/04/18)
荒川 弘

商品詳細を見る


頭の上のぶたが、かわいいっしょ?!

帯広農業高校をモデルにして、十勝にある「大蝦夷農業高校」を舞台にしたお話。
(描きっぷりがちょっともやしもんに影響されている風・・・でもまあ、よいことにしよう)
主人公は札幌の教育パパ?から逃げるようにしてきた1年生で、酪農科学科、馬術部、お人よし。
農家の後継ぎが多い環境で、改めて畜産とは、家畜の命とは?という根本的な疑問に挑んでいくのが今のところメインのお話。後継ぎのプレッシャーなんかも取り上げられてます。

どうも作者がこの農業高校出身らしい。

私も、都会生まれ・都会育ち、公務員家庭に育って、農業には何の関係もない環境で育って、そこからいきなり北大農学部に行ったので、結構主人公の立場に似ているので、色々同じような気持ちで読んでいます。
この主人公は札幌育ちなので、もともと道民なわけで、そこが私の方がもっとギャップが大きいわけだけど、北大だと農家の後継ぎはいなかった。そういう環境は、結構違うかもです。
でも、日々の疑問は、高校生とあまり変わらなかった。うちの母は「青い」って言っていたけど、私だって大学生になってから、同じこと考えてたよ。東京にいたら絶対に考えなかったことだし。

***

このマンガでおもしろい!と思うポイント。

・十勝(特に帯広近郊)の環境が、細かく表現されて、郷愁を誘う(笑)。

 本当の帯広農業高校は帯広の市街地に近いんですが(中に出てくる「リス注意」の看板は、本当に帯広農業高校の前にある)、まんがの中では帯広畜産大学の隣にある、というような設定。環境もそんな感じ。

 登場人物の出身中学がリアルな十勝周辺の地名を使っている。私の調査地があった更別や、よくキャンプ場に行った中札内の名前が出てくる。

 「携帯圏外」、今時自宅が圏外なんてあるの?と思われがちですが、北海道ではあるんです。あるんです。農家だったらなおさら。考えたことなかったけど、ピザの宅配圏外も普通だと思われます。だって一番近いコンビニも10km以上とかあるんだもの・・・

・獣医を目指すのに畜産に来てしまった、スプラッタが苦手な学生さん。

 北大では、農学部、理学部、獣医学部で第3希望まで希望(学科単位)を出すことができて、競争が激烈な獣医学部希望者が第2希望として農学部畜産学科を希望するケースが結構あります。でも、動物の命を救いたい、と思う学生が、屠殺して食べ物にする学科に行くのは、結構矛盾をはらんだ話だと思います。北大ではよくある話なんですが。まんがでは、ばんえい競馬の厩舎の獣医さんや、種付け屋(牛の精子を売って種付けする仕事)さんの獣医さんとかが出てきますが、獣医として開業する以外に、畜産業と共にある獣医さんがたくさんいるのです。そんな話もでてきます。

・農業科学科、食品科学科、農業土木工学科、酪農科学科、森林科学科がある。

 北大農学部では、
生物資源科学科(農学のみ、食品科学はない)、農業工学科、畜産科学科、森林科学科、にあたります。
 うちらの先生たちは、「ヒマ林、ダメ畜、、、(農業経済が入ってたけど忘れちゃった)」なんて呼ばれていたくらいで、農学部の格付け的には、
農学>林学>畜産>農工
だったようです。

 まんがには出てきませんが、森林科学科はもともと林学と林産学に分かれてまして、林学は造林、砂防、施業(経営)、林政。林産はパルプ、森林化学(非パルプ)、特用林産物、です。
学科内部でも、細かく分かれているのですが、森林なら、森林にまつわる全てを学べるようになっています。まんがの中でも、酪農経営を勉強していたりしますが、農学だけでなく、一次産業らしさがあるんだと思います。

 大学だと一般的に、政治学、経済学、経営学、生物学、化学、工学なんかはすべて別の学科、下手すると学部レベルで分かれていますが、農学、林学、畜産学の範囲でそれぞれ全てを含んでいるんですよね。全学科を少しずつ勉強しないといけないんです。大学で細分化することに少し疑問を持っていた私は、こういう勉強のしかたが自然だなー、と思っていました。

 まんがのなかで、主人公が石窯を掘り出したので、みんなでピザを焼く、というエピソードがあるのですが、食べ物を食べる中で、全部の学科が関わってくるんですよね。自分たちで作ると、自然とおいしいものを作る。おいしいものを合わせたものは、もちろんすごくおいしい。素敵な話です。

・おいしいものがたくさん

 とにかく産直はおいしい。とうもろこしを生で食べられるとか、JAのガソリンスタンドで満タン給油すると野菜くれたりとか、冬でもソフトクリームとか、新あずきで作ったあんこが激うまとか、バターケーキがおいしいとか、とかとかとか。

***

北海道。

札幌=函館が350km、車で5時間かかるとか、
札幌=帯広が250km、車で4時間かかるけど、日帰りで花火見に行っちゃうとか、(今は高速が開通したから、もう少し速いかも)
札幌=釧路が350km、車で6時間かかるけど、2泊3日で調査に行っちゃうとか、
札幌=根室が480km、夜行急行で8時間かかるけど、遠距離恋愛してるとか、

そんなスケールでなかなか不便だけど、それゆえの良さがたくさんあるのよね。
人口密度の高い日本でも、北海道だけは別。大自然がまだ残っている。
(大自然については、多分事あるごとに書いていくと思います。。思い入れがあるのでね)

そんな北海道を描いてくれるまんが、今後も楽しみです!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。