Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84、読んでます

デジタル時代とはいえ、本もまだまだ売れるんだ、というメッセージをいつも出し続けてくれる村上春樹。

いつからか、私も彼の半ファンタジー小説が好きになりました。

単行本で買うのは高いし、場所も取るし、いつも落ち着いてから買っています。
超話題になった、1Q84も、文庫になっていたので買う決意をして、現在5巻(Book3)。

1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉前編 (新潮文庫)
(2012/05/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


いやはや、おもしろいです。夢中になって読んでしまう。
何度か繰り返して読めるんですよね。

村上春樹は、羊シリーズも好きですが、今まで「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」が好きで、特に学生のころに何度も読んでいました。
1Q84は、「世界の終り・・・」と同じような書き方で物語が進んでいくので、これもおもしろい。
どこに着地するんだろう、とわくわくしてしまいます。

村上春樹作品はどれも、うっすらと孤独感やむなしさをいつも抱えているのですが、それでもわくわくするのは不思議な感じがします。現実逃避してない感じがいいのかな?

***

今回1Q84を読む前に、「アンダーグラウンド2」を読んでました。
多分、きっかけはオウムの高橋克也が逮捕されたことだと思います。
オウムは、なぜあれだけの信者とお金を集められたのかと。

「アンダーグラウンド2」は、元・現オウム信者に対するロングインタビューをまとめたものです。
村上春樹のインタビューは、彼らの気持ちをうまくすくい上げていたように思います。
オウムがどういう組織だったか、どのような人が、何を求めて入信し、教団でどのような自己実現?がされていたのか。今読んでも、なるほど、と思うことが多かったように思います。

今のような、不景気とかデフレとか言っている世の中では、何を信じていいかわからないという不信感にあふれているような時代に、ああいうカルト教団は、はやるんだろうか?

・・・と、あまり深く考えないうちに、1Q84を読んでみたら、オウムがひとつのモデルになっているような宗教団体(中身はだいぶ違うけど)が出てきてびっくり。
1984年を舞台としているけれど、つい最近まで起きていた事件や社会的環境が、色々反映されているように思います。

他にも色々「これが反映されている!」と思ったことがあったけど、忘れてしまった(笑)。
読み終わったらまた感想を書きます。

久しぶりに、他の著作も読み返したくなり、実家に電話してしまいました。
「ねじまき鳥クロニクル」も読んでないしな。
黄色い短編集とピンクの短編集ももう一度読もうかな。

***

うちの母は、村上春樹好きじゃないんだよね。
ぼんやり暗いところが、何がいいのかわからないんだろうな。もともと、私小説とか読む人じゃないし。
不思議なものだー。。。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。