Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

日本も、アメリカも、政治対立の被害者は弱者

昨日のNHKクローズアップ現代で、アメリカの政治分断について取り上げられていた。

“分断”されたアメリカはどこへ
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3267.html

ねじれ国会で、野党が審議拒否のために色々な法案が通らず、それさえも政治の駆け引きに使われている・・・のは、子供っぽい日本では起きているが、世界でどうなのかは考えてもみなかった。

アメリカでも現在ねじれ議会で、日本と似ている状況。
違うのは、大きな権力を持つ大統領制であり、大統領だけでもある程度の決定ができるということ。
二大政党制で、連立政権という概念が(ほぼ)ない。

オバマ大統領が就任し、議会がねじれ構造になった後、通った法案は1ケタだとか。
日本よりひどい気がする。
その原因は、これまで妥協点を模索して法案を通すことに協力的だった双方の「穏健派」のうち、共和党の穏健派が少なくなったことだとか。アメリカの保守派のさらなる保守化、および反オバマ運動の盛り上がりが、共和党穏健派に対し、オバマを代表とする民主党との「妥協」を許さなかった、ことがその原因を作り上げているとか。

法案が通らないアメリカでは何が起きているか。

農業における不作時に支払われる保険制度の期限切れ。
風力発電などの自然エネルギー産業に対する補助金の期限切れ。
失業保険の期限切れ。

今年大干ばつに見舞われたアメリカでは、農業保険の期限切れはかなり頭の痛い問題。
今後のエネルギー政策にも重要な自然エネルギーの経済的谷間は、今後の政策を考える上で致命傷になる可能性がある。
失業保険は、いわんや・・・。

日本で起きていると報じられていることは、

地方交付税の支払い延期。
これだけでも十分、大きな影響があるのは明白。

国立大学法人への補助金給付延期。
東京海洋大学がとりあげられていたけれど、研究費や光熱費がないというのは、足もとをゆるがす問題。

どちらも、民間金融機関から借金をすることで賄うとか。利息が損失。

昨日、某氏から聞いた話ですが、

独立行政法人であるJICA(国際協力機構)のプロジェクト募集も滞り気味だとか。
これは比較的わかりやすいものの、日本の予算執行の具合で、途上国で必要度の高いライフライン事業の実施が遅れるのは、なかなかつらいものです。
政府がからむ援助だからこそ、どこの国でもつきものではあるんですが・・・
そんなことをしている間に、他の国にプロジェクトを横取りされることもあるので、要注意です。

私が働いていたコンサルタント会社では、プロジェクト募集がないということは、仕事の受注もないわけで、年度内に受注がなくなってしまえば、会社の決算にも影響する話です。お役所の仕事がほとんどの環境なので、事業環境としては不安定とも言えるんですが。

・・・私は国立大学附属校出身なので、高校の時とかに「国会空転中で、学校の予算がないんだってー」なんて5月ごろに話していたのを思い出します。5月にまだ予算案が通らないことがどのくらい大変なことか、政治家はどのくらい肌身にしみているんだろうか。国会議員の収入は、大体保障されているんだろうか。

どちらにしても、アメリカの例をみて思ったのは、
国の予算が滞って一番先に、もっとも深刻に困るのは、国の福祉によってなんとか生きている、ギリギリの状況にいる人だということ。
国の中枢にいる人が、政治対立をしている間に、どこまでそれを理解しているのだろうか。

アメリカの共和党は、「貧困層の面倒をみるのをやめるべき」とか言ってるから、ある意味論理的には正しいけれど、倫理的にはどうなんだろう。もちろん、倫理ではお金は生まれないので、全ての人を救うことはできないんだけれども。。。

***

「貧困層」で思い出したのは、反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠氏。
彼のwikiを読んでみたところ、「五重の排除」と「自己責任の過剰」を主張していた。

「五重の排除」
 教育課程からの排除、企業福祉からの排除、家族福祉からの排除、公的福祉からの排除、自分自身からの排除

「自己責任の過剰」
 社会資本の格差を考慮しない「自己責任論」を、社会資本に恵まれない「負け組」が内在化すること

とてもシンプルでわかりやすい。
彼は、倫理的なことを振りかざすのではなく、一貫した価値観と論理をしっかりと主張し、活動しています。
日本の貧困層の状況を考えるには、必須の見かただと思いました。

この論理は、政治家に考えてほしいこととは方向性が違うけれども、ふと思い出したので。
特に、自己責任論について。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索