Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

林業機械のネーミングがおもしろい

先日、林務職公務員の友人が、「リモコン式エンジンウインチ、ひっぱりだこ出動!」と言っていて、その名前にぷぷっ、と笑ってしまいました。

一体何をする機械かというと、伐採した木材を搬出(切った場所から道まで出す)するために使います。
通販のサイトに説明がありました↓
ひっぱりだこ説明
http://www.wisecart.ne.jp/mitsuyoshi/7.1/pw350/

ウインチにも架線集材にも使えるんですね。小さいのにやるなぁ。

同じ会社の製品に、
「マウントホース」
マウントホース
http://blog.h-machine.jp/archives/2008/09/post_715.html

リンク先によると、
「昔の馬の代わりです
この位の機械で搬出すると山も壊れないんですけどね。」とのこと。

こまめな間伐には大型機械は適さないので、こまめに動ける馬による「馬搬」も見直す動きがあるようです。

また、この会社は他にも、
「マウントポニー」(マウントホースの小型版)
「えだうちやまびこ」(自動枝打ちロボット!)
がありました。

「えだうちやまびこ」は、私も実習で見たことがありますが、使い勝手がいいのか悪いのかいまいちわかりません。枝打ちの手間が大きいので、都道府県のお役所では導入を進めている(いた?)ようですが・・・
ちなみにこんな機械です(動画)↓
http://www.youtube.com/watch?v=VEVZE1hrrt0
結構すごい。これがリモコン操作でできるんです。重そうですが。

もうひとつ、教えてもらったおもしろい製品名をつける会社。

乗用型雑草刈車『草刈機MASAO』
開発ストーリー:
社長が幼少の頃、真夏に家の周りの苦しい草刈りを言いつけられ「もっと速く。もっと楽しく草刈りをしたい。」「ゴーカートに乗って草が刈れたらいいな!」そんな遊び心が発展して、乗用草刈機の開発が始まった。

ネーミング:
試作機によるテストの時「うおー!」その刈刃のすさまじい切れ味に全員が驚嘆する。「どんな草でも真っ青(まっさお)ばい!」因みにその日の朝、社長が髭剃りの真っ最中に閃いたアイディアも「そうだ。草刈機…?まさお!」であった。
http://www.canycom.jp/naming/



これは、佐賀県庁勤務の友人が、草刈り業務の監督するときにいつも「草刈りまさおくん」と言っていた、それのことみたいです。九州の会社だし。

この会社は他にも、
小型運搬車「ピンクレディー」
バッテリー式草刈り機「軽井技夫人」
バッテリー式マルチカート「ついてくるか~い」
等、、あります。それぞれ、逸話もついていておもしろい。

もうひとつ!
やっぱり実習で見た「木登り器 与作」(機械ではありません。人力ですよ)
http://www.kaz-corp.com/items/03yosaku/Y-1.html

昔は、縄2本で木に登っていたと思いますが、現代ではこれがあればそこまで技術は必要なさそうです。
どのくらい使われているのかはわからないですが、ラインナップは豊富です。

***

なんですかねぇ、名前がかわいいと、機械(器具)にも愛着がもてる気がします。ウフフ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索