Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

今年の挑戦(水耕栽培)

今年のハーブ栽培において、私的にmustと考えている水耕栽培。

水やりを多少忘れても大丈夫。(重要)
水位が見える。水受けが要らない。
土を増やさなくてもいいし、洗うのも楽。
ペットボトルで作れる。

本来ならば1.5Lのペットボトルで作るのが理想なんですが、うちではほとんど買わないので、ストックがなく。
そのかわり500mLペットボトルなら山のようにあるので、ちょっと小さいけど、小型のハーブならこれでできないかなぁ~、と思っていました。

色々探してみましたが、小さいペットボトルでチャレンジしている人は、そんなにいないんですよね。
その中でも、参考にできたのがこれ。
かんたんペットボトル水耕栽培のススメ

この方は1.5Lペットボトルで作っていますが、不織布を使って、土ではなくハイドロコーンを使っています。
このくらいのハイドロコーンでいけるなら、500mLでもいけそうな気がしてきました。
この方は牛乳パックでも二十日大根なんかを栽培しているので、小さくても行ける!というエビデンスも多数。

不織布を買いに行こうと思っていたら、このブログの方が洗車用拭き上げクロスを使っているのを見て、うちにはシャムワウがいっぱいあることを思い出しました。
完璧です。

***

早速ペットボトルの加工を開始。

しかし。
お茶のペットボトルは、飲み口の部分の体積が少ないので、鉢に向いていないことが発覚。
炭酸のペットボトルがよいのですが、飲み口の部分が物によっては安定感が良くない。
まずは2個切ってみて、1個採用。

うちにあったハイドロコーンは中粒。
直接種まきをしたかったので、うちにあったパーライトを混ぜることにしました。
やはり直接の種まきのため、不織布は上の方まで出しました。

こんな感じ。
ペット鉢1

ペット鉢2

***

乾燥しているように見えたので、こりゃダメかな~、と思っていましたが、
5日後くらいに発芽を確認(上の写真参照)!!!
こりゃ行ける!と自信を深め、調子に乗ってもう1個製作。

ペット芽生え1
(今日の写真です。1つ目の芽生えがいい感じ♪)

左は多分ルコラ、右は確かバジル。

***

これとは別に、本命として、トレー付のジフィーセブンにも種まきをしています。
これは、ピートモスやヤシ繊維でできていて、土らしい土ではなく、扱いやすいのです。
ちなみに、こういうトレーがついているのが、ミソ。意外とこういう容器がないので。

ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)[種まき・育苗用品]5個セットジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)[種まき・育苗用品]5個セット
()
プロトリーフ

商品詳細を見る


今日の状態がこんな感じ。
ジフィー苗床1
一番右のコリアンダーの発芽がうまくいってない。
左のひょろっとしたのは万能ねぎ。

これで大きくなったら、鉢などに定植する必要があるんですが、これをこのままペットボトル(+ハイドロコーン)に定植したら楽かなと。定植用ペットボトルは、苗の大きさによって、1.5Lを使うかどうか考えよう・・・。

いざとなったら、マンションのゴミ捨て場にあるペットボトルを拾ってこよう・・・。
リユースが一番エコ。

***

てなわけで、現時点では室内栽培を考えてます。
これから日当たりもどんどん良くなるし、今年はうまくいくかな?
楽しみ~♪
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索