Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事について、相談に乗ってもらいました。

今日は土曜日。

相方もいるので、昼からエアコンつけてます♪
快適~。

***

こんなに急いで就職活動を始めるつもりはなかったんですが、
「環境関連求人サイト」ってのがありまして、早速登録してみました。そうしないと気になった求人を保存できないので。そこで、なんとなく「面談を申し込む」というボタンを押してしまいまして。

それに対して当日(土曜日)サクッとメールが来て、
それで早速面談に行くことにしました。

そんなに焦っているわけではないので、とりいそぎ、ご安心を。

それで、木曜に早速面談に行ってきたんでございます。

***

その前に。

ブログをご覧のかたはわかると思いますが、実際のところ、自分でも何をしていいのか、というか、自分の専門以外の仕事をする意義についてとても悩んでいました。(まだ悩んでます)
それで、ふと思いついて、水曜日の夜に、早速友人に電話で相談に乗ってもらいました。
ひとりで悩むのも、もう限界だったし。

彼女はかつて同じ夢を追った仲間。毎日大量に残業しながら、馬車馬のように?働いた経験もあります。
今は色々事情があって派遣社員なんですが、その仕事探しについて話を聞きました。
それと同時に、私にはどんな働き方がいいか、その優先順位についても相談に乗ってもらいました。

やっぱり、同世代の、同じことを考えてきた友人は的確なアドバイスを下さいました・・・・・!

彼女と話した結論:
1)まずは気になる公務員系公募に応募する。
2)次に派遣会社で、制限要因(病歴、体調、残業不可、英語希望など)をはっきりさせて、その上で気に入った求人を探していく

それだけ!

製薬系に行くとか、そういうのは後回し!
自分に合った仕事に出会えるまでは、失業保険をもらえばよし。

いやはや、そうそう、そのくらいシンプルなはずなんだ。
友人と話して、やっともやもや悩んでいる状態から、優先順位をはっきりさせて前進できる状態になったと思う。

本当に、持つべきものは友人だわ!!

***

その話の中で出てきたことなんだけども、

友「私たちってさー、いつも自分の力の120とか150で働くのが常だったじゃない?だから、家に帰ってもぐったりで。」
ゆ「そうだねぇ。」
友「でもね、派遣で働いてわかったけど、ドライな分、変な上司がいても流せる余裕があるのよ。自分の力の60から80しか使ってないんだよね。だから、帰宅した後も何かをする余裕がある!」
ゆ「え、そんなもん?!」
友「だからね、ゆこゆこもそういう仕事を選べば、帰宅した後に翻訳の勉強をすることも可能だよ!」

なるほど・・・。

どうも、そういう仕事の考え方もあるらしい。
(まったく想像だにできなかった)

***

で、木曜に、「環境専門求人サイト」の面談に行ってきた、というところに戻ります。

出てきたキャリアコンサルタントの方はそんなに若くなく、キャリアのある感じの方でした。
私が書類を書いている間に職務経歴書を読んでいて、その後の反応が多少以上変わりました。

「正社員ご希望ですか?」
と聞かれたので、事情をぶっちゃけ、
「できれば責任から一歩引いた、契約社員や派遣社員が希望です。」
と答えました。

「お給料の方は少し下がりますが・・・ああでも時給1500円以上なら大丈夫ですよ・・・
色々とご紹介できるものもありますよ。」

という言葉とともに、色々と選択肢が出てきました。
あまりに色々なものが出てきてびっくり。

そこでは派遣業もやっているのですが、信頼関係と「一度業務を覚えた人には離れてほしくない」という企業&役所が多いということで、1年契約でも延長はかなりの確率であるという話も聞きました。
会社に寄っては、何か事情(子供とか介護とか)がある人は、週3回とかでも勤務している人がいるとか。

正直、驚きました。
そんなにフレキシブルな働き方って、非正規雇用で可能なの?!?!と。
(非正規雇用だからこそ可能、とも言う)

ゆ「環境の仕事って、案外色々あるんですねぇ・・・・」
担「でも、環境の仕事をやりたいって言っても、経験がなくて紹介できるものがないことも多いんですよ」

ふむ。

とりあえず、昨日早速別の担当さんから電話がかかってきて、某案件を紹介してもらいました。
ちょっと専門家からは離れているけど、落ち着いた雰囲気でのんびり仕事ができそうでしたが、まだ保留。

「英語が使える方がいいなと・・・」と言ったところ、
「ゆこゆこさんの経歴なら、環境社会配慮とかでいくつかご紹介できると思いますが・・・」
「すみません、それはちょっと、ごめんなさい。」

しばらく前も、某Pさん(建設コンサル)に行ったときに、
「働けるなら、うちはいつでもお待ちしていますよ」
と言われたのを思い出しました。

開発プロジェクトの環境社会配慮ができる人がそう多くないということは知っているので、
そういう人を探している会社ならばいつでも行ける、と思ってます。
でも、土木コンサルでぽつーんと環境社会配慮をやるのは、前職の環境よりずっと悪いので、絶対に避けようと思っています。
環境案件をやるようなコンサルは・・・?とも思ったけど、やっぱり同業は止めよう。何が起きてもおかしくない。
その後、その担当さんには、「できれば官公庁とかシンクタンク寄りが希望です」ということをお願いしました。

学生の頃から、政策系に興味があって、シンクタンク志望してたりもしてたし、
これを機にその世界を覗き見たいと思っています。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。