Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

キャンプ♪(これまでの経緯)

今週末、超久しぶりにキャンプに行くことになりました♪

楽しみ~~~!!!

北海道の学生時代は、キャンプは調査(大学の研究)に自動的についてくるもので、
調査に行く=キャンプで宿泊、食事
でした。

先生たちと調査に行くと、グルメな先生たちが美味しいご飯を作ってくれて(キャンプ場で)、たき火なんかもしちゃって、本当に楽しかったです。
北海道の大自然の中でするキャンプ、というのもまたその楽しさを増やしていたように思います。
キャンプ場、無料だし、直火のたき火OKだしね。そんなキャンプ場、東京近郊にはないです。

***

相方はキャンプ大好きで、テント、BBQコンロやテーブル、椅子を持っています。
でも、泊りがけで行くことはほとんどなくて、近くでBBQをするときに使うくらい。テントの出番はほとんどありませんでした。
二人とも大好きなのに、この5年くらい、全く行かなかったのは、結構不思議です。

2、3回、友人にキャンプに誘われたものの、どちらもバンガローやトレーラーハウスで、ベッド、シンク、照明、エアコン完備というゴージャスキャンプでした。
すごく楽しかったんだけども、私としては、「こんなのキャンプじゃない!!」と思っていました。
「軟弱だ!」とかね。

実際のところ、私は学生時代は研究室や先生の装備を使っていたこともあり、自分で持っているものはほんの一部(それもほとんど親のお下がり)だったのもあります。自分で買ったのはシュラフ(寝袋)くらい。
それもまた、自分で「キャンプに行こう」と積極的に言わなかった理由でもあります。
一番の理由は、「関東のキャンプ場は使用料が高くて、行く気がしない」でしたが。。。
北海道が異常に安いことは、わかってはいましたが、、、。「自分でテントを張って全部そろえるのに、どうしてそこまでお金が必要なんだ?!」と思ってました。

でもまあ、仕方ないんですよね。そればかりは。
やっぱり、都会に住みながら「非日常を楽しむ」のは、費用がかかるということなんだなぁ、と考えることにしました。これは、贅沢なんだと。

***

今年の夏、相方の友人がキャンプにはまったという話を聞いて、相方も乗り気になってきて、そこにひょんなきっかけがあり、あっさりキャンプ決行となりました。

決行する!と決まれば、足りない装備の補充です。
たまたまですが、来週末は尾瀬で山小屋1泊、軽く登山をする予定です。山小屋なので、基本的には何も要らないところ、山でお茶を飲みたくなったので、湯沸し道具も欲しくなりました☆

私は道具の類が大好きで、特に山道具はミニマムな感じが大好きなんであります。
調べだしたら止まらない・・・

取り急ぎ必要なものは、シングルストーブ(コンロ)とランタン。

相当考えたので(?)、それについてはまた今度。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索