Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

秋バラの季節・・・

今年は色々あって、ベランダ園芸に力が入っていません・・・。

6月に10日間アメリカへ旅行。この時は幸いほとんど被害が出ませんでした。
(カモミールが唯一の犠牲者)

7、8月に体調が悪く、イチゴのランナー育成ができず。さらに水分不足で大きなプランターのイチゴが瀕死状態に。鉢植えのバラ、マチルダも多くの葉が落ちました。

ふと気づいたら、チシマキンバイの株が激しく弱っていました。水切れで弱って、そのまま回復していないのかと思っていたのですが、ちょっと株を持ち上げたところ、軽く持ち上がるΣ(゚Д゚)
コガネムシの幼虫さまの仕業でした。
ここ3、4年は黄色い花楽しんでいたチシマキンバイですが、完全に枯れました。

9月14日、台風襲来でマチルダの鉢が倒れ、さらに葉が落ちました。
実をつけることをほぼ諦めていたキュウリが、瀕死状態に。





イチゴはもうダメかと思いましたが、9月に入って私の体調が回復するとともに水やりの回数が増え、復活してきました。ランナーがでて(拾う元気はありません。。)、なんと花が咲きました!今も咲いています。
本当は花芽は摘み取るものなのですが、この株で来年実を取ろうとは思っていないので、放置しています。

大きな鉢に植えてあるイングリッシュローズのパット・オースチンは、台風の影響もあまり受けず、鉢が倒れることもなく、普通にしています。ただ、7、8月の水分不足による影響が大きく、新しい葉があまり出なかったこともあり、葉は少ない状態です。

パット・オースチンは今、小さいながら、少ないながらも花をつけています。あまりにちょこっとしているので写真は撮っていません。。。

マチルダは、ほとんどの葉が落ちてしまい、今とても不格好です。一部剪定もしました。本当は、伸び切った枝も切ってしまいたいのですが、数少ない葉を無くすには忍びなく、できずにいます。これがいいのかはわかりません。。
この後、少しでも芽が出て、ひとつでもしっかりした花が見られるといいんですが。。。
葉が落ちると根が弱るので、そうもいかない可能性が高いです。

寂しくなりました。

でも、体調の波を考えると、あまり多くは育てられないな、ということかと思います。
やはりイチゴは手がかかる。

困難の多い夏を過ぎてみて、結論。

やはり、バラは強い。

ひとつ、書き忘れていました。

水しかやってなくても、台風で鉢が倒れても、真夏に連続して水切れを起こしても、鉢の植え替えをしなくても、枯れる気配もない植物がひとつありました。

ニオイ(ローズ)ゼラニウム。。。

こいつは本当に生命力が強いです。心配しなくていいのはいいですが、不気味です。
春~夏には、ピンクのかわいい花をたくさん咲かせます。もちろんいい香りです。

ただ、このまま大きくすると巨大化する危険性を感じるので、挿し木で小さいものを再度育てようと考えていますが、なかなか実現していません。ちなみに、挿し木も水だけで育っています。。。

***

来年育てるのは、バラ2株と、ローズゼラニウムだけにしよう。我慢がまん。
イチゴの片づけをしなくては。。。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索