Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

なぜ、今衝撃が走っているのか

人質殺害事件の後、日本には衝撃と悲しみが覆い尽くしているように見える。少なくとも私の身近な同世代の友人(主に女性)で、普段は政治的な話をしない人が悲しみとやり切れなさに打ちひしがれている。

私はそれを見て、引いてしまうくらい驚いた。
なんで、今なんだと。

世界が変わったように見える、と言った友人がいた。
いや、世界は何も変わっていない。昔から、恐怖政治もテロもある。

変わったのは日本人の無関心さかもしれない。

今回の件で、このような残虐なことがどうして起きるかわからなかった賢い人々は、本を読んだりしてイスラームや911後の世界について学び出した。これは、これまであまりに知識がなかった部分に気付いたからで、よかったことだと思う。

***

それにしても、日本人の無関心さはここまでひどかったのかと、本当に愕然とした。
世界で「日本人であること」がどのようなことか、想像する機会がないのは事実。
島国で単一民族国家だということは、そういうことだということもわかるんだけれども・・・

これだけグローバル化が進んだ世界で、自分の周りは関係ないと、どうして思えるんだろうか。
確かに、日本は島国で、ビザ取得条件も厳しく、移民も難民も受け入れていない。ボートピープルがたどり着くのも難しい。だからこそ水際対策は有効で、世界の中ではかなり安全を保てる特異な地理的条件であることは確か。
それがとても「特異」であることには、中にいると気づかない。
それも頭ではわかるんだけども。

海外に出る以上、日本では想像もつかないことが起こりうる。
そのどこまでを想像しなくてはならないか。
細かいリスクまで想像するのは、誰にでもできることじゃない。
でも、日本人が世界でどう思われているかについては、知識として備えることは可能なんじゃないだろうか。

ジャーナリストの後藤さんは、自ら危険な地域に入る前に、「自己責任である」という映像を残していた。
これは、彼は日本人として人質に取られる可能性も、日本で自己責任論が起こる可能性も、どちらもよくわかっていたからだと思う。人質に取られたときに日本政府がどのような行動を取るかがわかっていて(迷惑をかけることがわかっていて)、それでも人助けに行くことを決断したが故の、苦しいメッセージだったと思います。
(某政治家が、後藤さんのことを「蛮勇」と発言したことは、発言自体は残念だけれども、政治家サイドからそう言いたくなる気持ちもよくわかる。)

***

日本人のイメージは、色々あるんだけれども、

南米では、日系移民で現地で経済的に成功した人が多いために、現地人からひがまれていることがあります。
普通の日本人も、一般的に金持ちの印象。
なので、テロリストから身代金要求のために誘拐事件が起こることがあります。
これは、身なりがそれなり以上にいい日本人のような人(なぜか韓国人や中国人と間違われる可能性は低い)が狙われる。

南米に限らず、日本人は金持ちだという印象はどこでもあります。
それだけで狙われてしまう。
できるだけ目立たないように気を付けても、ちょっとしたことでわかってしまうことも多いです。
(特に女性。服装とか、メイクとか、ストールとか)

***

改めて。

今回のISによる日本人殺害事件にまつわる色々を契機に、日本もテロとの戦いに巻き込まれた・・・と言っている人もいるけど、欧米に対する「憎しみ」に該当しないものの、アメリカと一心同体だということは誰でも知っていること。
今回で何か変わったか?
いや、何も変わっていない、と私は思う。

それよりも、海外では交通事故や盗難・強盗に遭う可能性の方がよっぽど高いので、平和ボケの日本人の皆さんは気を付けましょう!!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索