Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ためしてガッテンのねんざ特集

先日のためしてガッテンは足首のねんざについて。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/smart/archives/P20150513.html

3日安静にしてれば痛みは引くけど、30年後とかに不調をきたす可能性があるよ、という話。

要約すると、捻挫によってある靭帯が伸びてしまうけど、周囲の筋肉が支えているので運動機能的には問題にならない。しかし、加齢で筋肉が衰えてくると、靭帯の影響が出てきて、最終的には軟骨がすり減って関節症になってしまうよ、ということでした。

私は10年くらい前にひどいねんざで、ギブスを3週間もして、大変だったことがあります。
母がお世話になっていた整形外科の先生だったんだけども、「骨に異常がないから、と湿布だけする医者もいるけど、靭帯は伸ばしっぱなしにしてはいいことがない。ここで固定したほうがいい」と言われてそうしたのでした。

実際、足を地面につけるだけで痛くてほとんど歩けなかったので、仕方がないと思った。
靭帯伸びたままは嫌だったし。

今思えば、靭帯は切れかかってたんじゃないかと思う。ものすごく痛かったし、2週間ギブスしてても腫れが引かず、痛みも長く続いてました。普通のレントゲンだと靭帯の状況はよくみえないみたいで、お医者さんとしても難しいところのようでした。

当時学んだ教訓としては、靭帯は骨折よりも治るのに時間がかかる。リハビリにも時間がかかる。

ギブスを外しても、半年くらい痛みが引かず、毎日テーピングをしていました。固定して靭帯をくっつけたので、伸びなくなり、正座ができなくなりました。

再び正座ができるようになるまで、1年半はかかったかな…。

それでも、伸びたままになった靭帯がそのままになった後に縮めようとすると、手術をして、身体の別の場所から靭帯を移植したりしなくてはならないそうなのです!

捻挫した直後なら固定して治るのに…

というわけで、あの時ちゃんと治せてよかったなー、と思いました。

捻挫は甘くみてはいけない!
ちゃんと固定するのがよいですよ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。