Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュスティークの出来、反省点

今朝食べた感じはまあまあでした。

トースターで焼いたら表面はカリっとして、中はもっちり。ちょっともっちりしすぎてて、重い気はしましたが。

フランスパン的には皮が厚いのかな~、とか思って調べてみたんですが、、、

やっぱりちょっと急いでしまったこともあり、もう少し1次発酵に時間をとった方が良さそうでした。

私が使っているハード系パンのレシピ本では、パンチを2回入れています。こねない場合は、そのくらいの気の長さは必要なようです。

ドライイーストの量も難しいですね…
↑のレシピ本、気に入っているんですが、天然酵母を使ったレシピなので、水分量とかイーストの量とか結構適当にやってまして(^_^;)
ゆっくり発酵させるなら、量は少なくしないといけないんですよね。

あるサイトを見たところ、0.4とありました…
今回私が入れた量の半分…
まあ、今回急いでもあれだけ膨らんだんだから、もっと減らさないといけないってことなんだけど。

あと、焼成温度について考える必要を感じました。
焼き色が薄いのです。
あと、焼き上がりがどうもカリっとしない。

以前からその傾向は感じていたので、やはりオーブンのせいかも。
250℃では低すぎるんでしょうね。霧吹きも多くて温度が下がり過ぎるのかも。
次は270℃くらいで予熱&最初の焼きをして、250℃、230℃と下げてみようかな。

フランスパンでは300℃とか使うなら、もっと上げてもいいのかも…


先日のカンパーニュの反省についても考えておかないと。
一次発酵と水分量なんだろうな。
春よ恋に68%では少なかったようです。
こねないからパンチも入れた方がいいかな。。

前回はクープも開かなかった。
何もかもうまくいってない。
味もイマイチだと凹みます。

もっと春よ恋の味を出してあげたい。
(国産はとにかく水分量が難しいけど)
でも、Type ERを試してみるべきか??
粉減ってきたし…次買うときに見てこよう。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。