Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

映画 Pixels

昨日、相方と見に行ってきました。
3D字幕版。

ちょっと躊躇してたら、3D IMAXでの上映が終わってしまっていて(たったの1週間だけ!)、見られず。仕方ないので普通の3D字幕版で見ました。上映館によっては3Dは吹き替え版のみなので、しっかりチェックが必要です。。

***

80年代レトロゲームの姿で地球をエイリアンが襲うというお話。

壮大なスケールで展開する3Dレトロゲーム画面に、かなり衝撃?を受けました。アメリカの街並みにテトリスのブロックが落ちてきて行単位で消されたり。。
有名な建築物がボロボロになって崩れ去ったり。。
迫力です。

最後に若干ゲームのルールを無視したような気がしますが、まあそれもご愛嬌。

ゲーム画面の面白さは、まあ予告を見て最初から期待していたところなんですが、映画としての面白さは全体を考えるのであれば、アメリカンコメディ的要素は無視できません。

私は映画というものをほとんど見ないのでわからないのですが、アメリカンコメディ的要素がちりばめてあるハリウッド映画はかなり多いのではないかと。恋愛コメディも然り。

要するに、アメリカの時事ネタ、すなわち政治経済、テレビ、映画、スポーツなどなどが会話に登場して、風刺やジョークとしてどんどん笑い飛ばされていくわけです。

普通に難しいのは下ネタ。英語の俗語であることはもちろん、だじゃれが入っていることが多いので字幕では表現しきれない部分もあり、非常に難易度が高いです。

だじゃれは時事ネタにも絡むので、字幕翻訳者の悩みどころであり腕の見せ所なんでしょうね。

私は基本的に字幕を見つつ英語もほどほど聞いているので、
「字幕と言ってること違う!」
「あ、これだじゃれだ!でも何言ってるかよくわからない。。」
「この傍点は下ネタなんだろうな…英語でこんな風に言うんだな」
とか考えながら聞いてます。

で。

映画「ピクセル」は、この要素が多かったです。
主要人物に合衆国大統領がいるし、まずそれだけでネタ満載です。。
スターウォーズのキャラも出てくるし、
レモネードとか、
主役が以前に出たヒット作のテーマソングとか、
「オタク」の各種表現(字幕では「オタク」だけだけれども、英語では複数の単語が使われていた)とか、、、

まだまだ私が気づかなかったことがたくさんあったと思います。

アメリカンコメディやイギリスのブラックジョークといったものはとにかく難しい。
笑いを理解するには知識が必要なんだ、と改めて感じました。

相方曰く、
「この映画は日本じゃヒットしないだろうね。」

そうかもね。

突っ込みどころはもちろん満載なのですが、この手の映画でそれを追求するのは場違いでしょう。

私は十分楽しめました。おもしろかったです。
主人公の口説き文句がとても参考になりました。
アメリカ人ってカーチェイスがホントに好きなんだなと思いました。
締めもよかったです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索