Esperanza

スペイン語で「希望」。 果報は寝て待て。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月29日(土)-mixi

今テレビで、東大富良野演習林のどろ亀先生についてやっている。どろ亀先生を偲んで、過去のNHK特集を抜粋して、教え子のインタビューなんかも交えたもの。

どろ亀先生は、東大の名誉教授で、富良野演習林で伝説的な某学説を出した人。富良野ではかなりの有名人で、倉本聰(「北の国から」の脚本家)の恩師でもある。亡くなったときは、新聞の1面(北海道版だったか東京版だったかは忘れてしまった)に載って、その知名度に驚いたものです。

そこで、どろ亀先生が、大学を定年退官してから、山で発見した自然の数々の話をやっていた。山の木々に教わったこと、動物たちと会話したこと等。

それを見ていて、私の何人かの恩師のことを思い出した。
特に、「学生実習で学生に「山の中で何もしないでいろ」と言いたいけど、授業ではそれができないんだよねぇ。。。事前に予習をしてから山に行くと、学生は予習したことに関してしか見えなくなってしまうから。」と言っていたS先生のことを思い出した。

***

私は、幸い複数の恩師に恵まれた。

高校の物理の先生、H先生。習ったことはなかったけど、ひょんなことから進路相談をするようになり、その後も何かと指針となる、とてもいいアドバイスを受けた。

ICUの生物の先生、K先生。1年生の時に生命科学の授業を受けて、「この先生は何をやりたいんだろう?」と強い疑問を感じて、その疑問を直接先生にぶつけていました。2年のときに基礎実験を取って、今まで持っていた科学に対する目が何か間違っていたことを教わった。北大を受けるために4年の時に先生の授業を取って、先生の学問に対する大きな想いを感じて感動した。卒業後、ある雑誌の記事に私のことがとりあげられて、私も先生に対して強い印象を残していることがわかり、これは一生の付き合いになるだろう、と思った。

ICUの卒論アドバイザー、MK先生。3年生の時に新任でICUへ来て、私たちがMK先生の1期生。私の北大進学を応援してくれて、私の経済に関する基礎知識?を教えてくれて、一緒に道を開拓してきた、というような印象の先生。

北大の指導教官、Y先生。今日の番組を見ていてすぐ思い浮かんだ先生。
Y先生は、東京生まれ東京育ちで北海道へ突然飛び込んできた私を、気長に、マイペースに、森林生態の世界へ引き込んでくれた人。森林がいかにおもしろくて、人間に恵みをもたらして、美しくて、すごいかを、楽しそうに語ってくれた。その魅力は、教室では絶対にわからないこともそのつまらなそうな態度で(笑)教えてくれた。
その上、私の才能?特技?を早々に発見して、植物分類の知識を惜しみなく教えてくれて、今の私の学問的基礎を築いてくれた先生。

北海道では、「自分の人生、楽しまなきゃ損」ということを教わった気がします。

それから、東大の指導教官、KJ先生。先生とはなかなか会話がかみ合わず、悩んだ時期もありましたが、慣れてみればとてもいい先生でした。富良野演習林の林長をしていたこともあり、とにかく山が好きな先生で、東京で教えていること自体に違和感がありました。好きなことをしていたら大学教授になっていた、というか。。。人間関係を保つ大切さもお酒とカラオケを通じて(笑)教わった気がします。
KJ先生は文才もあって、変なところに連載していたりして、これも驚きました。あと随筆家と親交があったり。。。

一番最初に取り上げたセリフを言ったのは、KJ先生と仲のいいS先生。S先生とは就職活動の相談で仲良くなり、のんびりした実習に連れて行ってもらい、修論では研究室のパソコンとカラープリンターを独占させてもらいました。その後も何かと飲み会で声をかけてもらっています。

***

KJ先生は今富良野演習林の林長をしているので、定年退官する前に、富良野を案内してもらおうと思っています。先生についていけるように、今から体力をつけないとな・・・。

後になって、高校のH先生とICUのK先生は知り合いだということがわかりました。世間は狭いです。

ICUのMK先生は、もともとインド経済が専門なのですが、今のご時勢いろんな委員会に引っ張りダコみたいです。ICUに来てから環境をやると言っていろいろ勉強してたのに、まあ流行なので仕方ないんでしょうが。
最近はとにかく多忙なので、全然連絡が取れません。

***

私が東京を出たい・・・とずっと言っていた理由も、今日の番組を見て、だいぶ思い出しました。取手の居心地が良かった理由も、わかるような気がします。

取手も十分都会だけど、まだ自然の風物詩が見える。
水はおいしくないけど(利根川の下流域なので仕方ない)、空気はおいしい。コンクリートやアスファルトも少ないので、気温の上下も自然。そうするとクーラーもあまり必要ない。周囲への影響も少ない。

どちらも野生動物にはなかなか出会えないけれども。
まあ経済の中心地で自然に親しもうと思っても難しいってことで。
インターネットがもっと普及して、自然の豊かなところで仕事できたら効率も上がりそうなものだけどなぁ・・・。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ゆこゆこ

Author:ゆこゆこ
ハードな仕事を経てメンヘル不調に。2回の長期休職の後に退職。派遣社員を2年半した後、契約社員として本格的に仕事を再開しました。

好きなものは大自然、旅行、パン作り、Perfume。

大学での専門は植物生態学ですが、園芸植物のことはよくわかりません。

開発コンサルタントという妙な仕事をしていたおかげで世界の辺鄙な場所へ行ったことが多いです。

これまでの訪問者数

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。